ドレスデン中央駅にて
b0127032_23241470.jpg

@dresden2014
CANON PawerShot G7X

先日から写真をアップしているプラハへは、
ドイツ・ドレスデン中央駅から列車に揺られて訪れました。
憧れの「世界の車窓から」のような列車の旅。

ヨーロッパの駅ってどうしてこんなにかっこいいのでしょう。
ドーム型のプラットフォームはいつでもワクワクします。

***

b0127032_23264797.jpg


そんな今回のプラハとドレスデンにて
CANON PawerShot G7Xで撮りおろした写真でのレポートが
デジタルカメラマガジン二月号にて3ページ掲載されております。

***


b0127032_23243243.jpg
G7Xは、解放値F1.8と明るいのにズームもできて便利な
小さく軽いのにパワフルさを感じるコンパクトカメラでした。

一つ前のエントリーのオペラ座もG7Xでの撮影なのです。
高感度もけっこうよくて、何より一眼レフを持ちにくい
ドレスアップした場面でも気軽に連れ出せるのがよかったです。
今回は5Dmark3と場面や気分によって使い分けておりました。

新しく機能がついたクリエイティブショットもなかなか楽しく、
今日のドレスデン中央駅のお写真はクリエイティブショットからの一枚です。

RAW撮りも出来るG7Xですが、
今回扉のお写真は、「極彩色」モードでJPEGほぼ撮って出しです。
印刷上がりもきれいでびっくりです。




是非、デジタルカメラマガジン二月号を手に取ってご覧ください〜!



.

[PR]
by caby-m | 2015-02-03 00:18 | dresden/praha2014
<< 列車に乗って。そしてTVfan... プラハ国立歌劇場にてオペラを観る >>