国際子どもの本の日
b0127032_11554451.jpg

本日4/2はアンデルセン(Hans Christian Andersen)のお誕生日。
そして国際子供の本の日なんだそうです。

□国際子供の本の日□
「世界72の国と地域が加盟する国際児童図書評議会(IBBY)は、H・C・アンデルセンの誕生日である4月2日を「国際子どもの本の日」と定め、各国でてお祝いをしています。
1967年からは、IBBY支部が順番にポスターとメッセージを作成し、各国に発信しています。」

***
さて、トップの画像はといいますと。
私が物心ついたときから小学校六年くらい(だったかな?)我が家にはサンタさんが毎年絵本を、小学生の中頃になったら児童書を送り続けてくれていました。

サンタさんは、実は赤ちゃん頃一度あったらしい祖母の友人の娘さん。
関東の図書館の司書さんで本が好きで好きで、子供たちに読んでほしいとゆう思いから、私たち姉弟に毎年素敵な本をクリスマスぴったりに、届けてくれていたのです。

毎年郵便でやってくるサンタさんがほんとうに楽しみでわくわくしていたものでした。
絵本が大好きだった私は、サンタさんのチョイスするお家でも幼稚園や学校で見たことない絵本を繰り返し繰り返し大事に眺めていたものです。

わたしのもと、はこんな素敵な大人の思いによってできているんじゃないかと最近思います。

持っていた本の大部分は知り合いに「おさがり」として、旅だっていったけど
一部の絵本と、このサンタさんのくれた本たちはどうしても手元においておきたくて今も大切にもっています。

いつかじぶんに子どもができたら、一緒に読んであげたいと思う。
そしてサンタさんのように、おおきな愛を持った人になりたいです。

アンデルセンの絵本うつってないですが(笑)
女の子らしく「人魚姫」「親指姫」「雪の女王」をヘビーローテーション。
あとは「わたしのワンピース」が大好きで(うさぎ好きの原点とおもわれる)、「こまったさん/わかったさん」シリーズ。
「ぐりとぐら」シリーズはゆうまでもなく鉄板でした。

[PR]
by caby-m | 2010-04-02 12:15 | Love!
<< Jamie Cullum♥20... hansei★会 >>