出会いと別れの季節
b0127032_192522100.jpg

★canonEOS5 長時間露光

この桜のお話。




いつも気になっていた桜の木。
満開をねらって、撮影に出かける。
毎年きれいにそこだけライトアップされるので、夜がいい。


たぶん私有地。
空き地に一本。
 
三脚持ってそろりそろりと近づいていくとお家のひとが出ていらっしゃって「撮らしてもらっていいですか?」と声をかける。


写真を撮り終えた頃、奥さんが話しかけてくれてこの立派な桜はご主人が20歳の頃植えられたんだと教えてくれた。
今年で定年のご主人とともに毎年咲いてくれて、けどもう弱ってきてしまってるらしい。


短い会話だったけど、なんだかすごくじわじわきた。
この何十年を見てきた桜と、ご主人と奥さんそれぞれのいろんな思いがあるんだろうな。
けどそんなふうに桜を紹介してくれた奥さんにとてもあったかいものを感じた。
勝手な想像だけど・・


ようやく今年の桜の咲く前に写真を渡しにいけた。
とても喜んでくださって、嬉しくてあったかい気持ちになった。
私の写真でこんなに喜んでもらえるなんて。


予想外に出会ってほんの少しだけ関わらせてもらって、しあわせをかんじる。


帰り道、まぁるいものにつつまれた気持ちで早歩き。
今年ももうすぐ満開をむかえる。

[PR]
by caby-m | 2008-03-29 21:08 | その他
<< ♥ ちいさいころ夢見た指輪のような >>